まつげの盛りすぎ、バサバサまつげ、やりすぎNG

メイクが好きな人は特に、時間をかけてバサバサまつげを作ります。デカ目になりたいとはいえ、マスカラを何度も重ね付けして、盛れるだけ盛るというやりすぎはNGです。多少のまつげの盛りは目元の美しさを引き立たせますが、まつげだけがとてつもなく強調されているメイクは、バランスがわるく決して美人メイクとはいえません。

 

マスカラを付けている間はもちろん、クレンジングの際にはまつげに大きな負担をかけてしまうため、まつげが傷み抜けてしまうというトラブルの元にもなりかねません。お湯でスルリと落ちることを特徴としている商品でも、重ね付けの場合は例外となる場合があります。

 

マスカラにはまつげのボリュームを出すタイプと、長さを出すタイプがあり、両方の機能を兼ね備えている商品もあります。

 

マスカラに繊維が入っていて、擬似まつげとして優れた役割を果たしてくれるものが増え、まつげが少ない、短いというコンプレックスを見事に解消してくれるようになっただけに、付けすぎは逆効果を生み出してしまいます。

 

ナチュラルアイメイクは男女ともに受けが良く、清楚なイメージを作ります。まつげの美容液を使用して育毛し、薄いマスカラでも満足できる仕上がりにするのもひとつの方法です。

コメントは受け付けていません。