不自然過ぎる眉毛マスカラ

さて、日本人女性ほど、美容とお化粧に関して発達した知識を技術を持つ人達は、世界中を見回しても中々居るものではありません。

 

でも、そんなお化粧上級者の日本人女性にも、失敗は付き物。その一つが眉毛マスカラです。特に最近では、若い女性の殆どが髪の毛を染めているため、眉毛の色も髪の色に合わせて自然なものにしようとしているようですね。しかし、その使い方によっては、まゆ毛の部分だけが極端に浮いてしまったり、時間が経つにつれてまゆ毛につけたマスカラが乾いて、なんともいえない質感になってしまったりする事が、度々見受けられます。せっかく自然で美しいイメージをまゆ毛に持たせようとしているのに、逆に不自然な印象が出てしまうのは、とても残念な事ですよね。

 

まゆ毛は顔の印象を大きく作り出すことが出来る、重要なパーツです。

 

学生時代であれば、多少の奇抜なメークの質感も許されますが、やはり25歳を過ぎた頃には年齢にあわせて、まゆ毛もそれなりの成熟した質感を出せたほうが、より女性としての魅力が引き立つようです。もしあなたが、これからもまゆ毛にマスカラを使う事を考えているのであれば、繊細な作業を心がけて、大人の女性の気品をかもし出したいものですね。

コメントは受け付けていません。