急増中?勘違いブサイクメイク

時間をかけて丁寧に、憧れの芸能人やモデルをお手本にメイクしたつもりなのに、なぜかブサイクメイクになっていると言う不幸な人も多いものです。
何を間違えてブサイクになるのか、それが分かればより魅力的で自分に似合うメイクができるでしょう。

 
勘違いメイクの特徴は、化粧品を過剰につけてしまっていることが多いのです。マスカラやつけまつ毛は目を大きくパッチリと見せてくれますが、つけすぎはバランスが悪くなるのでいけません。ちなみに男性の多くがバサバサとボリュームたっぷりのまつ毛があまり好きではないようです。男性受けを狙うなら、程よくが良いでしょう。

 
アイラインやアイシャドウも、より大きく見せようとしたり目力をアピールさせすぎると、ケバい印象を与えます。これでもかと盛りすぎて特殊メイクのようになってしまったら、近寄りがたいと思われてしまいます。

 
また、チークも血色よく見せようとくっきりさせると「おてもやん」顔になってしまいますから注意が必要です。ほんのりと色がつくくらいにしましょう。
すっぴんがアッサリしすぎだからと、頑張りすぎるのは逆効果で魅力を半減させてしまいます。人のマネにこだわるのではなく、自分の個性を生かして良い印象を与えられるメイクを心がけることでブサイクなメイクになるのを防ぎましょう。